ペイアウト (機械割)

今日はハナ金(華金?)ですね。
しかし、今日も遅くまで残業です(泣)

今週末の終日稼働は土曜ではなく、
日曜日に逝ってまいります。



今日はスロット (もちろんハナハナ) の基礎知識について書こうと思います。


今の私のメイン機種が「ハナハナ鳳凰」なので、
ハナハナ鳳凰のペイアウト(機械割)についてです。



f:id:koba-HANAHANA:20170704231713j:plain



設定① 96%
設定② 98%
設定③ 101%
設定④ 104%
設定⑤ 107%
設定⑥ 112%


ペイアウト(機械割)の概念ってご存じですか??


簡単に言うと、
「イン枚数に対してアウト枚数のパーセンテージ」
です。


設定④の104%はどうなるかというと…


1日10000G回すと仮定したら、
「プラス1200枚」という計算になります。


【計算式】
10000G×3枚=30000枚 (イン枚数)
30000枚×1.04=31200枚 (アウト枚数)
31200枚(アウト枚数) - 30000枚(イン枚数) =1200枚

このようになります。




ハナハナは設定③から100%以上あります。
理論上100%なら「負けない」という事になります。


…が、

事はそんな単純ではありません。




公表されているこの機械割の数値ですが…

実は、
「小役完全取得」でのパーセンテージとなります。


どういうことかというと、

通常時のチェリーやスイカを取りこぼさずに払い出しを受け、
ボーナスもコインロスすることなく揃え、
ボーナス消化中のチェリーやスイカも取りこぼさずでこの数値となります。


なので、
適当押ししてると実際の機械割は1~2%下がることになります。
設定③で100%を下回るかと思います。



よって、
ハナハナでの小役取りこぼしは自分の首を絞めているようなもの。

もっと言うと、
小役取りこぼしはお店に貢献しているだけです。



まず「スイカ」
コレについては払い出しが「10枚」もあります。
ベルよりも多いのです。


スイカ1回の取りこぼしで200円丸損です。
200円あればコーヒー飲んでお釣りがでます。

10回も取りこぼせば2000円になります。
2000円あればラーメンチャーハンセット大盛り食べてもお釣りがでます。

その数が増えれば増えるほど、
恐ろしい枚数(金額)になります。


みなさんが取りこぼせば取りこぼした分だけ、
「お店はタダで儲けている」

そのことを肝に命じたほうがよろしいかと、
私は思います。



f:id:koba-HANAHANA:20170705130551j:plain



ハナハナにおいてのスイカの存在、
私はものすごく大事だと思っております。



しかし、
私もごく稀にスイカ取りこぼしはやらかしてしまいます。

考え事をしてたり、
周りの台に気をとられたり、
キレイな女性をチラ見したり、
(どうしようもないおっさん…)



やらかした時は猛烈に反省します。



しかし、
何度反省してもまたどこかでやらかすんですけどね(笑)